デイサービスで介護職として働く

大学を卒業してから5年間施設で介護職をしていましたが、在宅での介護を支える仕事がしたいと感じた私は、デイサービスで介護職として働くことを決めました。

施設は施設でやりがいを感じていたのですが、デイサービスはまた違った魅力がありました。
デイサービスに家族が申し込み、嫌々来ているという人も多少はいましたが、大半の人が楽しみにしている、ここがあるから張り合いがあると言ってもらえて、感謝の気持ちを伝えてもらいました。

一人暮らしの人もいて、デイサービスがお正月休みに入ると、その間一人になっていまう、寂しいわと話している人もいました。デイサービスが生きがいになっている、役に立っていると感じて、ますます張り切って仕事をしていました。

介護の内容は、入浴、トイレ、更衣、食事の介助などでした。家のやり方と合わせて介護をするように、家族の人とも連携を密にしていました。
家まで送迎するのですが、家族の人と話す機会もあり、デイサービスと家族が一緒になって介護をしていると感じました。

チームになって介護をしているので、介護職同士の関係もとても良く、働きやすい職場でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です