老人ホームに思うこと

一口に老人ホームといってもたくさんの種類があります。
通常は、特別養護老人ホームのことを差していますが、その他にも老人保健施設、有料老人ホーム、グループホーム、ケアハウスなどがあります。もちろんそれぞれ介護、リハビリ、軽度、認知症患者向けなどさまざまな用途に応じるため細分化していますが、一般に富裕層は、有料老人ホームか老人保健施設に入所します。
また、一般人は特別養護老人ホームやケアハウスに入所します。認知症患者は、他の入所者に迷惑がかかるため、グループホームに入所するのが一般的です。

こうした実情を見るに、老人福祉施設といっても、お金があるかどうかという格差を感じざるを得ません。有料老人ホームの中には、高級ホテルよりも立派で、一流のコンシェルジェが出迎えてくれる受付サービスがあるところがあります。
また、医師が常駐し、常に健康管理してくれるところもあります。その分費用もとても高く、部屋を占有するのに数千万円、毎年数百万円の利用料をとるところがあり、とても一般市民の手に届かないところもあります。
とても腑に落ちません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です