訪問看護をどう利用していくか

24時間つきっきりで要介護者の介護を行うというのは不可能です。そんなことをすれば要介護者よりも先に介護者の方が体調を崩してしまうことになります。また家事や外出、仕事など、要介護者の世話以外にもしなくてはならないことは幾つもあります。

この際に最も役に立つサポートのシステムが「訪問介護」です。ホームヘルパーが自宅にやってきて様々なことを手伝ってくれるものです。訪問介護はサービスによって2つのカテゴリーに分かれており、食事の手助けや入浴の介助、着替え、おむつの交換などをしてくれる「身体介護型」と、掃除、選択、調理などのサービスが中心となる「生活援助型」とです。

これらは日常の暮らしに密接にかかわってくる部分を手助けしてくれるものですから、サービス提供者と利用者との間に信頼関係がないとうまくいかないわけです。プライバシーにかかわる部分はどのように線を引くのか、夜間に訪問する時などは鍵をどこに置いておくのかなどを最初に決めておきましょう。またサービスの範囲を最初に決めておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です